« 薪ストーブに火入れ | トップページ | 正月休み »

2010年12月31日 (金)

騎龍観音

年末年始の休みに入ると、身の回りのこまごまとしたことを、一つ一つ片付けている内に、あっという間に晦日を迎えてしまいました。薪作りもかなり進んでいますが、何本かの巨木の後始末を請け負ったので、そのことも気がかりです。チェーンソーで一日5時間くらい作業をすると、体はくたくたです。先日の夕方、久しぶりにプールに出かけ、作業でカチカチになった体を水の中で伸ばしました。今日も今年の泳ぎ納めに、夜出かけてみようかなと思います。

僕は女子美術大学の非常勤講師をかなり長いことしていますが、最後に大学の教室に出かけたのがいつか、思い出せないくらい大学には行っていません。その代わり、毎回博物館や美術館を一般観覧者として訪れ、展示場や作品、時には建物の外観などを眺めながら、私なりの批評と解説、時には裏話や自分の人生観などについて2・3時間話をします。ですからいつも実物を見て話をします。対象が大学院の学生で、多くて2,3人の学生なのでこんな風にできるのでしょう。

先日、竹橋にある東京国立近代美術館を学生と訪ね、最上階にある原田直次郎作「騎龍観音」(護国寺蔵・東京国立近代美術館寄託)に向かいました。すでにギャラリートークが行われていたので、しばらくその話を聞かせてもらうことにしたのです。すると、この作品はいつの時代の作品か分からないとよく質問を受ける。皆さんはいつごろの作品だと思いますかと講師の先生が参加者に聞いていました。そんな風に思ったことが一度もなかったので、驚きました。

2722606849_33961aa533

いろいろな反応がありました。まさかとは思いましたが平安時代という答えもありました。制作年は明治23(1890)年ですが、どうしてこんな風に見られるのかやはり理解に苦しみます。更に講師の先生は比較的最近この作品は修理を行ったので新しいとも見えると説明。私にはこれにもまた納得がいきません。ですが、ここは我慢。私の学生にもギャラリートークをそのまま聞いてもらいました。

「騎龍観音」を最近修理したのは、実は私たちの手によってなのです。その修理は新しく見せるために行ったわけではないのです。1980年ごろ、騎龍観音は創形美術学校修復研究所と言う油彩画を主に保存修理する研究所で修理を受けました。その頃、僕も職員の一人として修理に加わっています。そして、翌年の1981年に創刊した「創形美術学校修復研究所報告」第1号の表紙に、「騎龍観音」の修理中の写真を用いました。これはかなりインパクトのある写真です。

騎龍観音は、私たちが日ごろ見慣れている日本の油絵とは少しばかり違うのです。黒田清輝の油彩画以前に、脂派と呼ばれる作家たちが活躍した時代がありました。作品全体が暗く、樹脂のような質感や色をもつことからそのように呼ばれたのでしょう。騎龍観音の作者の原田直次郎もこの時代に属する絵描きです。彼ら所謂脂派の絵描きたちは、西欧の伝統的な技術と材料を正確に学び、それに従って忠実に作画する特徴があります。黒田が持ち込んだ印象派の流れをくむ紫派とはかなり違います。

騎龍観音の修理は、護国寺の寺内で煤をいっぱい浴びて全体がくすんでしまったこと、カンバスの木綿布が弱くなって緩んしまったために行われました。画面を水やアルコール水を浸みこませた綿棒で丁寧に拭くと、汚れた煤の下から美しい画面が姿を現しました。絵具自体の剥離や風化は余り進んでいません。薄靄の中から現れた緑色の龍に乗った観音、その白衣は漆黒の闇を背景にし、強いコントラストが印象的です。煤の下から現れた絵具は、ドイツで学んだ原田直次郎が、中部ヨーロッパに伝わる伝統の技術で塗り込めたものです。90年近く経っても、絵具の輝きは決して衰えていなかったわけです。作品は修理によって新しくなったわけではなく、ただ表面を覆う汚れを除去しただけです。90年程度の時間では堅牢な絵肌に変化がなかったと言った方っがいいのだろうと思います。

修理によって煤が除かれて、その分だけ明るく見えるようになったことは事実ですが、煤の下層には硬くしっかりと固まった、美しい油絵具がそのままの状態で残っていた訳です。だから、この絵に対する印象が、他の油絵とは異なるのは当然と言えば当然です。絵具の堅牢性とそこから放たれる美しさが直ぐに消えてしまう油絵とは違うのです。講師の先生にはこの点を言って欲しかった。

« 薪ストーブに火入れ | トップページ | 正月休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騎龍観音:

« 薪ストーブに火入れ | トップページ | 正月休み »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

気になる1冊

  • ★井川 聡: 『超高層から茅葺へ』
    海鳥社 2012 日本設計の池田武邦さんがハウステンボスの設計にかけた情熱とその源泉について、ドキュメンタリー的に記されている。茅葺に興味があったので手に取ってみたが、ハウステンボスの設計思想とその実態について初めて知ることが多く、ぜひ一度行ってみたくなった。
  • ★ヨースタイン・ゴルデル著 猪苗代永徳訳: 『オレンジガール』
    命のバトンタッチの意味。
  • ★籔内佐斗司: 『壊れた仏像の声を聴く 文化財の保存と修復』
    一緒に仕事をする機会には恵まれませんが、いつも気になっている方が仏像と修理について書き下ろした本です。
  • ★バージニア・リー・バートン 著 まなべ まこと 監修 いしいももこ訳: 『せいめいのれきし』 改訂版
    恐竜研究の第一人者・真鍋真氏が監修した絵本。絵本と言ってもかなり高度な内容です。生命のバトンタッチを分かりやすく描いたもの。
  • ★日本博物館協会 (編集): 『博物館資料取扱いガイドブック-文化財、美術品等梱包・輸送の手引き-』
    美術品梱包輸送技能取得士認定試験の制度が始まって4年が経ちます。認定試験を受ける人のための教科書であるとともに、美術品の展示、輸送に携わる人々にもとても役立つ本です。
  • ★ケヴィン・ヘンクス著 多賀京子訳: 『マリーを守りながら』
    自分にも娘がいるが、少女のころの彼女の気持ちを理解、解りあえることは難しかった。父親と幼い娘の間の気持ちの揺らぎを描いた作品。
  • ★藤沢修平: 『三屋清左衛門残日記』
    60歳で定年後、特任研究員として再雇用された時、これから先の時間を如何に過ごすか想像できなかったとき、ご隠居という言葉を理解しようと思って読んだ本。
  • ★ローズマリ・サトクリフ著 灰島かり訳: 『ケルトの白馬』
    イギリスの山肌に描かれた巨大な白馬の絵。その起源を求めて太古の物語にヒントを得て描かれた本。敵に滅ぼされた部族に生き残ったわずかな人々が新天地に旅立っても、彼らの先祖が馬乗りの名手であったことを地上に永遠に刻み込むために、敵方のために描いた白馬。
  • ★K.M.ベイトン著 山内智恵子訳: 『駆けぬけて、テッサ』
    血統には恵まれてはいるが、視力に問題を抱えたサラブレッド・ピエロとともに、自分の道を懸命に探し続ける少女テッサが苦難を後超えて、グランドナショナルで勝利をつかむ物語。馬の心理描写が素晴らしかった。
  • ★夢枕獏: 『大江戸恐龍伝』
    真友の立原位貫さんが装幀と各巻扉絵を描いています。